木目込み人形

胡粉で出来た桐体に筋目を付けて衣装となる生地を埋め込んで作る人形です。
その歴史は古く、元文年間(1736年ころ)京都で発祥し、その後江戸に伝わり江戸庶民の文化と融合して盛んとなり、現代までその技法が伝授さています。

木目込み人形親王飾り
一秀、真多呂他の木目込み人形師と久月とのコラボレーションによる、久月オリジナルの木目込み人形飾りは、屏風・台とのベストマッチ。
場所を取らずにいつまでも型崩れしないお人形として、古くからよろこばれています。

木目込み人形段飾り
一秀、真多呂の木目込み人形師と、久月久月オリジナルの屏風・飾り台とのベストマッチな段飾りで小スペースでも十人、十五人がお飾りできる貴賓ある木製段飾りです。
[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [20] 商品中 [1-18] 商品を表示しています    次のページへ





全 [20] 商品中 [1-18] 商品を表示しています    次のページへ

最近チェックした商品

  • 雛人形
  • 親王飾り
  • 衣装着収納飾り
  • 木製三段飾り
  • 木目込み人形
  • 久月オリジナル
  • 市松人形
  • 五月人形
  • 兜飾り
  • 鎧飾り
  • 久月オリジナル
  • 本物志向
  • 甲冑師
  • 鯉のぼり
  • 破魔矢・羽子板
  • 乳母車